国際自動車グループ kokusai motorcars km

km VOICE

社員紹介
一覧へ
2020.03.24

自分ができることを少しずつ。新卒タクシードライバーが6年間積み上げてきた小さな気配りを取材しました!!

PROFILE
丸山さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社台東営業所所属。2014年度中途入社。

営業所の温かい空気感に支えられています。

丸山さんは大学では何を学ばれていたんですか?
私は経営学部で企業研究などを主に行っていました。

タクシードライバーにはなぜなられたんですか?
新卒でタクシードライバーになるのは珍しいので面白いかなと思ったからです。当時はタクシー業界の中でも新卒採用の人は珍しかったのでとても惹かれました。しかしタクシードライバーになると決めたとき、最初は反対されましたね。特に親の世代はタクシードライバーにあまりいいイメージがなかったようで…。

親御さんの反対も押し切ってタクシードライバーになられたんですね。実際になってみて、いかがですか?楽しく働けていますか?
はい。もちろん大変なことや落ち込むこともないことはないのですが、営業所の人たちが優しくて支えられているなと感じます。以前、停車しているときに車にぶつけられてしまって、事故処理書を書いているときも、缶コーヒーの差し入れをくれたりして。営業所は良いコミュニティだと思います。

人間関係が良好なのはすばらしいですね!

ホスピタリティは小さなことの積み重ね。

丸山さんは今年で6年目とのことですが、仕事に対する考え方は入社当時から何か変わりましたか?
いえ、特に何か変わったというよりは自分なりの仕事へのスタンスがだんだんと定まってきた感じです。働くことは何よりも社会貢献だと思っているので、自分ができる人助けはできるだけするように心がけています。以前、荷物の多いお客さまの対応をしました。荷物の搬入搬出まですべてお手伝いをしました。普通タクシーが引き受けるお仕事ではないと思うのですが、自分にできることだったので引き受けました。そのときはチップまでいただきました。チップはもちろんそれが目的になるようなものではありませんが、自分のサービスに対する一つの指標にはなるので、一カ月でいくらチップをいただけるか記録をつけています。運転技術を向上させることはもちろん、他にも何かできることはないかいろいろと試しています。

最近に何か試されたことはありますか?
おばあさんがご乗車されるとき助手席の後ろについている手すりを掴まれていることに気づいて、その手すりを掴みやすくするために助手席を後ろに下げるようにしました。

細かい気配りですね!
はい。本当に小さなことではあるのですが、小さなことの積み重ねが大切だと思っています。

何より安全第一。目先の売り上げより危険回避を優先させる。

丸山さんは仕事をされる上でどんなことを大切にされていますか?
まずはやはり安全第一ですね。これが一番だと思います。毎日無事に営業所に帰ってくることを大切にしています。そのためには目先の売り上げより安全を優先させる必要があります。たまに生じるシチュエーションなのですが、3車線の道路で3台タクシーが並んでいて前方に手を挙げて立っているお客さまがいる、そのときに自分が歩道側に位置付けていたら自分が一番そのお客さまをお乗せするのに有利な位置にいるわけですが、他の2台がそのお客さまをお乗せしようとスピードを上げてきたりしたらまず譲るようにしています。事故を起こしてしまっては意味がないので、事故になる可能性がある行為は当たり前のことですが徹底的に避けるようにしています。


正しい心がけだと思います。
スピードを上げてタクシーが何台も迫ってきたらお客さまも怖いですよね。一度お客さまが逃げ出してしまっているのも見たことがあります。そんなスピードを上げてお客さまをお乗せしようと競っているタクシーには乗りたくないですよね。

もっともだと思います。今日はたくさんお話をお聞かせいただきありがとうございました。これからも安全第一で追仕事頑張ってください!

一覧へ