国際自動車グループ kokusai motorcars km

km VOICE

社員紹介
一覧へ
2019.09.30

大手スーパーでお惣菜を作っていた主婦がタクシードライバーに!華麗なる転身の裏側を聞いてきました!

PROFILE
近藤さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社東雲営業所所属。2018年入社。(取材:2019年8月26日)

自分にはできるはずないと思っていた。そんな近藤さんの背中を押したのは?

まずは近藤さんの転職の経緯を教えてください。

前職は大手スーパーでお惣菜を作っていました。雇用形態はパートですね。時給900円とかで一日5時間働いて、月の収入は8万くらいでした。転職のキッカケは子どもが二人とも私立に進んだことですね。お金が必要になったのでもっと稼げる職を探すようになりました。でも私は特に資格も持っていないし、パソコンとかも全然できないんですよ。車の運転はできるものの都内の道は全然わからず。運転はいつも主人に任せていました。だから最初は「タクシードライバーなんて自分にできるはずがない」と、そう思っていたんです。

できるはずがないと思っていたタクシードライバーになることになったキッカケは何かあるのですか?

求人サイトに「ご年配の方を病院へ送り迎え」とか「妊婦の方を揺れの少ない状態で目的地まで送り届ける」とかそういった仕事もあると書いてあったんです。そういう仕事内容だったら自分でもできるかもしれないと思い、とりあえず説明を聞きに行こうと。あれよあれよという間に気づいたら入社して研修を受けていましたね(笑)。でも周りはみんな普通のタクシードライバーになるつもりの人ばかりだったので気になって教官の方に「求人サイトに書いてあったような仕事はあるのか」と聞いたら「あることはあるけどメインの業務ではない」と言われてしまったんです。

思っていた仕事内容とは違ったんですね。

はい。ですが、kmタクシーの方々が親身に相談に乗ってくださったことが精神的な支えになりました。「せっかくここまで研修を受けたのだしとりあえず続けてみようよ」という言葉をいただき、ドライバーとしての仕事が始まりました。

高校生になった子どもに教えられる、
色々な“世間のこと”。

お子さんには普段の仕事のことをお話したりするんですか?

しますよ。今まで主婦であまり外向き出ない性格も手伝い、世間知らずなところが多分にあったんですよ。今は毎日様々なお客さまがご乗車されますから、子どもに話す話題が尽きませんね。高校生になった子どもは今将来について考える時期ですから、そんな時にお客さまの話をするんです。今日はこんな職業の人が乗ってきたよ!こんな仕事もあるみたいね!なんて。ドライバー流子育て、とでもいったところでしょうか(笑)。

ドライバーは一人で進める仕事。
でも仲間との交流は盛んなんです。

近藤さんが思うタクシードライバーという仕事のよいところを教えてくれませんか?

そうですね。まず「自分のペースで仕事ができる」この点は私にとってすごく大きなポイントでした。前にやっていたお惣菜を作る仕事は速さが大事で、自分のペースではできなかったのでこの利点を強く感じます。あと、一人でできる点もいいですね。どうやら私はチームで働くことがあまり向いてないみたいなんですよ。自分ができない部分は誰かが補わなければならない仕事だと「ごめんなさい、ごめんなさい」って気を遣って、一緒に働いている人に頭を下げながら働かなければならないので、心労が大きかったです。タクシーの仕事は一人でやれる分責任感は伴いますが、自分には向いていたと思います。

なるほど。では他社と比べたときのkmタクシーのよさとは?

他社のことはほとんど分からないんですけど、kmタクシーの人たちは男性の方たちも品のいい方が多いなと感じます。うちの営業所は他の営業所と比べてもとりわけ仲がいいらしいんです!女性社員同士もすごく仲が良くて、ほら、あちらの休憩室なんかをみても時間を忘れておしゃべりしてますし。すごくあたたかい会社なんです。

人間関係が良好であることは働く上で非常に大切なことですよね。気持ちよく働けているようでよかったです。今日は貴重なお話ありがとうございました。これからもお仕事頑張ってください!!


近藤さん のインタビューは国際自動車(kmタクシー)求人採用サイトでも紹介しています。イオンでお惣菜を作っていた主婦がタクシードライバーになるまで。稼ぎたい主婦の方、必見です!! | 国際自動車(kmタクシー)求人採用サイト https://www.km-recruit.jp/drivers/drivers-career/28515

一覧へ