国際自動車グループ kokusai motorcars km

km VOICE

社員紹介
一覧へ
2019.07.31

「新卒」から「3年目」になって気づいたこと。 お客さまとのコミュニケーションのコツは「教える」より「教えてもらう」。

PROFILE

若林さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社吉祥寺営業所所属。2017年度新卒入社。隔日勤務。(取材:2019年6月26日)

熱さ・優しさ溢れるkmタクシーのメンバーたち。

若林さんの入社のキッカケを教えてください!

最初は自分がタクシードライバーになるとは思ってもいませんでした。出会いは合同説明会。最後にもう一社くらい見ておこうと思いながら歩いていたところ、熱心に呼びかけをしているkmタクシーの採用担当者の方が目に入ったんです。その熱意に惹かれたことが入社の一番の決め手でした。服装、態度などきっちりしたところも自分には合っていると感じました。

「人」に惹かれて入社ですか。社内の人間関係についてはどうですか?

自分より年上の方が多いこともあって職場の雰囲気はすごく落ち着いています。また、後輩が入ってきて、どのようにフォローすればいいか先輩としての振る舞いを意識するようになりましたね。以前後輩がトラブルを起こしてしまった時に上手くフォローすることができなくて、それがきっかけで研修課へジョブトレーニング(他部署へ社内インターンシップに行く制度)に参加することにしました。こういったスキルアップの制度が整っていることもkmタクシーの魅力ですね。

「こんなに車酔いしないタクシーは初めて乗った!」お客さまからいただく言葉が、大きなやりがいに。

「タクシードライバー」といえばお客さまとの会話のプロというイメージがあります!

会話を盛り上げるのも私たちの仕事ですね!お客さまにおいしい店を教えてもらってそこに行くこともありますよ。タクシードライバーはウマい店をたくさん知っているイメージがあるかもしれませんが、実は教えるより教えてもらう方が多いんです。お客さまメインで話していただく方が会話も盛り上がりますしね。

私は今年24歳なんですけど、未だにお酒買うときに年齢確認されるくらい年齢より下に見られるんです。そのせいか、お客さまから色々と教えてもらう機会が多くて(笑)。「意図的にフレッシュ感を出す」ことが会話のコツかもしれません。

お客さまとのコミュニケーションで印象に残っているエピソードなどはありますか?

車酔いしやすいお客さまを乗せたとき、ブレーキなどに気をつけて運転したんですけど、降車されるとき「大丈夫でしたか」と聞いたら「こんなに車酔いしないタクシーは初めて乗った!」とまで言ってくださいました。ただ車を運転するだけでなく、乗っていただいている時間を快適に過ごしてもらうことが私たちの仕事だと思っています。

プライベートの時間をしっかり取れるからこそできるスキルアップ。

次にワークライフバランスについてお聞きしたいのですが、若林さんは隔日勤務ですよね。具体的にどういうスケジュールで生活しているのか教えていただけますか?

大体いつも朝8時に出庫します。そこから20時間勤務して朝4時に帰社。そこから帰って家に着くのが6時半くらいですね。仮眠を取っても10時ごろですから、プライベートの時間がしっかりと取れていますよ。

私事ですが、結婚しており家庭で妻が帰りを待っています。ですから、残業の多い環境より就業時間が決まっているタクシー業界はお互い安心できますよね。また、先日遂に夢のマイホームを建てました!同年代の中ではライフステージが一つ先に進んでいるイメージがあります。安定した高収入の仕事だからこそ明るい人生設計ができますね。

最近はプライベートの時間を活用して運行管理者の資格を取るための勉強をしています。プライベートの時間がしっかり取れるからこそ、スキルアップができるんです。こういった次のステージを目指せる環境もkmタクシーの魅力ですね!

若林さん、本日は貴重なお話をありがとうございました!

若林さんのインタビューは国際自動車(kmタクシー)求人採用サイトでも紹介しています。「思いもしなかったタクシー業界への新卒入社。 キッカケは国際自動車(kmタクシー)メンバーたちの熱意」https://www.km-recruit.jp/drivers/drivers-graduate/27811

一覧へ