国際自動車グループ kokusai motorcars km

km VOICE

社員紹介
一覧へ
2018.04.12

タクシードライバー飯塚さんのホスピタリティ

izuka_20180308_01-700x394

ハイヤードライバー飯塚さん

今回お話を伺ったのは、2017年1月にキャリア(中途)入社した飯塚さん。
学生時代は旅行会社の添乗員のアルバイト、そこから新卒で公務員になり、役場の税務課で働いていたそうです。その後、学習塾のテキスト販売兼講師をしていましたが、丸の内に行った時に、立ち並ぶビルやビジネスマンたちが颯爽と歩く姿を見て、「ここで働くのもいいなぁ」とハイヤードライバーへの挑戦を決めたそうです。
入社して1年2ヶ月ですが、早くもお客さまから歓びの声が寄せられている飯塚さんに「ホスピタリティとは何か?」という質問に答えていただきました。

ホスピタリティとは

相手の立場に立って、「どうして欲しい」を察することだと思います。その時、その場、そのお客さまに合わせられるよう自分の引き出しは沢山作っておくようにしています。
その為に、勉強を怠りません。道の混雑状況も時間によって違いますし、規制がある場合は他の道を探さなくてはなりません。その為には日頃からいくつかのルートを自分で知っていなくては臨機応変に対応出来ません。あとは地理以外でも、お客さまについても予め勉強します。
また、ソーイングセットと名刺入れ、ボールペンも余分に持つようにし、多種多様なニーズに対応できるようにしたいと心がけています。

もっと詳しく知りたい方は

飯塚さんの入社までの経緯やタクシードライバーとしてのエピソードは以下の記事からご覧いただけます。
元営業マンが語る!ハイヤードライバーで生かされた営業スキルとは?

一覧へ