国際自動車グループ kokusai motorcars km

km VOICE

社員紹介(タクシードライバー/ハイヤードライバー/バスドライバー/ほか)
一覧へ
2021.04.30

kmVOICE特別企画 -中途女性メンバー・ダイジェスト-

営業所の仲間とのエピソードやタクシー業界あるある、時には「ぶっちゃけ話」で盛り上がる!国際自動車株式会社(kmタクシー )の人気コンテンツ、WEB社内報「kmVOICE(ケイエムボイス)」。今回は、過去2年間の記事の中から5人の中途入社男性メンバーの「kmVOICE」をダイジェストでお送りします!

EPISODE 01
入社3年目、子育てと両立中。 自分のペースで働きながらスキルアップできる環境が魅力です。

PROFILE
八木さん。タクシードライバー。三鷹営業所所属。2016年9月中途入社。

シングルマザーで、バリバリ稼いで子どもの学費をしっかり賄いたいと考えていた八木さん。前職は介護福祉士のパートを7年続けていましたが、子どもが小学校高学年になったタイミングで、正社員で長く勤められるところに転職したいと考え、タクシードライバーを選んだそうです。特に国際自動車(kmタクシー )は勤務スタイルを「日勤」と「隔日勤務」から選べて出勤日の融通が利きやすく、そのおかげで平日の学校行事への参加といった子育てに関する時間もしっかり確保できるというのも転職の大きなポイントだったといいます。

働き始めて実際に子どもと触れ合う時間が長く取れるようになったという八木さん。子どもの体調がすぐれない時には、上司から「子どものことを優先してあげなさい」とあたたかい言葉をいただくこともあったといいます。最初は「男性社会」のイメージが強く怖い印象もあったというタクシー業界。女性のタクシードライバーが増えているという実情もあり、自然と不安はなくなっていたそうです。何より、働けば働いただけのお給料が出ることも、自分の需要にマッチしており、大満足とのこと。

そんな八木さん、近場に買い物に行く時に少しだけ運転する程度のスキルで元々運転は上手くなかったといいます。むしろ運転に関しては割と臆病なきらいがあったそうですが、研修で手厚い指導を受け成長できたとのこと。入社3年目の今もまだまだ運転スキルは向上の余地があるので、これからもフレッシュな気持ちで日々成長していきたいと思っているそうです。

kmタクシー には、日常的に人を思いやる社風があるという八木さん。シングルマザーとして2人の子どもを育てながら勤めている中で、そのありがたさを実感することは多いといいます。子どもが体調を崩してしまった時や、子育て関係で何かトラブルがあった時mなど、いつもたくさんの方に支えていただいているんだとか。子育てしながら働いている方が多い職場だからこその風土で、あなたも子育てしながら働いてみてはいかが?

EPISODE 02
大手スーパーでお惣菜を作っていた主婦がタクシードライバーに!華麗なる転身の裏側を聞いてきました!

PROFILE
近藤さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社東雲営業所所属。2018年入社。

前職は大手スーパーでお惣菜を作っていたという近藤さん。すなわち雇用形態としてはパートアルバイターでした。時給900円とかで一日5時間働いて、月の収入は8万円。子どもが私立高校へ進んだことをキッカケにもっと稼げる職を探すようになったといいます。しかし、特に資格を持っていいたわけでもなかったので、なかなか転職先が見付からず。そんな中で出会ったのが免許を持っていれば挑戦できるタクシードライバーという仕事に出会いました。

今まで主婦であまり外向き出ない性格も手伝い、世間知らずなところが多分にあったという近藤さん。今は毎日様々なお客さまがご乗車されるので子どもに話す話題が尽きないといいます。高校生になった子どもが丁度将来について考える時期なので、「今日はこんな職業の人が乗ってきたよ!」など、お客さまの話題で盛り上がるそうです。ドライバー流子育て、とでもいったところでしょうか。

そんな近藤さん、「自分のペースで仕事ができる」点が働きやすさの大きなポイントだとか。前職で取り組んでいたお惣菜を作る仕事は速さが大事で、自分のペースで進めるのはご法度。加えてチームで働くことがあまり向いていないという近藤さんには合っていなかったそうですが、タクシードライバーなら気負わずに働けているとのことです。自分ができない部分は誰かが補わなければならない仕事だと「ごめんなさい、ごめんなさい」と気を遣って、一緒に働いている人に頭を下げながら働かなければならない…この心労が大きかったんだとか。(正直、そういうことってありますよね!)今の好環境で大活躍中です!

EPISODE 03
夜景を楽しみながら運転する、お母さんドライバーが「ああ転職してよかったな」と思う3つのポイント。

PROFILE
椎野さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社板橋営業所所属。2018年中途入社。

前職はゴルフ場のレストランと受付で働いていたという椎野さん。転職を考え始めたのは長女が高校生になったことがキッカケ。子どもたちも大きくなったし都内で働きたいという漠然とした思いがあったといいます。椎野さん宅は都内まで結構距離があり、今も片道2時間強かけて通勤しているとのこと。この関係で、子どもが大きくなるまでは家から離れた場所で働くのは避けていたといいます。しかし、いざ都内で働くとなると仮に定時で毎日上がれたとして、朝は早く夜は遅くなる…。こう考えて、困っていたところ見付けた国際自動車(kmタクシー)の求人では、2日分一気に働けるとの記載があり、今の自分のニーズにぴったり合っていると感じたそうです。

こうして出会った天職。前職の時より時間があり肉体的にも楽だといいます。自分の時間も、子どもたちと過ごす時間も多くあり、生活にゆとりができたとのこと。会社の都合で残されることもなく、肉体的な重労働もないので安心して働けていると話します。

安心の裏で不安な点もあったのか…。その問いに何も不安はなかったと答える椎野さん。逆に、夜は女性のお客さまに「ドライバーが女の人だと乗りやすい」とわざわざ選んで乗っていただけることもあるのでお客さまの安心にも繋がっているとのこと。それに夜の仕事ではきれいな夜景を見ながら仕事できることもあるんだとか。大きな橋は特に街灯などの明かりが水面に反射して幻想的で「この仕事を始めてよかった」と思う瞬間の一つ。誰かに伝えたいと思った時に一人、という瞬間だけはただただ残念だそうです!

EPISODE 04
元チアガールがタクシードライバーに? 女性ならではの仕事ぶりに密着。

PROFILE
一徳さん。タクシードライバー。世田谷営業所所属。2019年中途入社。

元々、北海道でスポーツチームのチアガールを務めていたという一徳さん。東京に来たのは、ご主人の転勤のためでした。上京直後はアパレル業界で働き、妊娠をきっかけに専業主婦として生活していましたが、子どもが大きくなったので、そろそろお仕事を始めようかと決心したそうです。

転職活動を始めた時、タクシードライバーという選択肢は頭の中になかったという一徳さん。紙に「自分がやりたいこと」を書き出した結果、最後に残ったのが「運転」だったといいます。北海道にいた頃から運転が大好きでしたが、東京への転勤を機に車を手放してしまったそうです。時々レンタカーを借りて出掛けていましたがその度にお金が掛かるので満足できず。解決策はないかと考えて、辿り着いた答えが「車を運転できる仕事に就く」だったといいます。後日、国際自動車(kmタクシー)の求人広告を発見し、バナーに表示されている女性ドライバーの写真をみて、「これだ!」と確信したんだとか。

そんな一徳さん、女性の方が乗車された際「私ならこういう時に困ってしまうな」というポイントが分かるのが、女性ドライバーとしての強みになっているといいます。例えば、お子さんを連れて乗車されるママ。子どもが車内で騒いでしまった時に「うるさくしてすみません」と、お声がけいただくことがあるそうですが、そんな時にも同じ母親という立場から一言「大丈夫ですよ」と返しているそうです。

「普段は子どもに付きっきり」というママたち。本当は大人相手に子どもの成長について話したいと思っていることが多いといいます。それは子育て中の一徳さん自身も同じ。お子さんをつれたお客さまが乗車された際には積極的に話を進めてお互いに子育ての話に花を咲かせているんだとか。こういったコミュニケーションはお客様のためでもあり、自分のためにもなっている…運転好きで子育て中の一徳さん、まさに天職!

EPISODE 05
女性タクシードライバー、研修課へ!タクシー業界のプロが教える「仕事の流儀」とは。

PROFILE
金子さん。国際自動車株式会社事業支援部研修課所属。2016年入社。

入社前は契約社員として働いていた金子さん。契約が切れたタイミングで、知り合いの方から国際自動車(kmタクシー)を紹介していただいたそうです。それはいわゆる縁故採用。「袖触れ合うも他生の縁」と言うように、ご縁はどこでつながっているか分からないという金子さん。入社も一つの縁ですが、お客様との繋がりもご縁だといいます。

研修で新人ドライバーたちと関わる機会の多い金子さん。新人たちは、仕事をすべて一人でこなさなければならないことに不安を感じていることが多いといいます。「行ってらっしゃい」と営業所から送り出されてから帰ってくるまで、全部一人。しかし、一般のオフィスで机を並べて働くことが苦手な人もいるので、「一人で働く」イコール「不安」ではないと伝える場面もあるそうです。

そして、コミュニケーションの難しさを痛感する方が多いとのこと。そんな新人たちには「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉を伝えているんだとか。コミュニケーションは、先輩の事例から学べることが多いという金子さん。失敗してしまった時に一人で凹んで自己流で正すのではなくて、「先輩はどう対応していたのか」を教えた方が成長に繋がるそうです。

一人のお客さまをお送りした先で、次のお客さまに出会う…。最初のお客さまをお乗せしなければ出会えなかったはずと語る金子さん。こういった「ご縁」の積み重ねで成り立つ仕事として、先に述べた「袖触れ合うも他生の縁」という言葉が出たのでしょう。今日も新しいご縁を繋ぐため、新人ドライバーを育成中です!

国際自動車新卒採用サイト https://www.km-recruit.jp/shinsotsu/
twitter   https://twitter.com/kmgroup_recruit
Instagram https://www.instagram.com/kmgroup_recruit/

一覧へ