国際自動車グループ kokusai motorcars km

km VOICE

社員紹介(タクシードライバー/ハイヤードライバー/バスドライバー/ほか)
一覧へ
2020.09.24

小学校の先生から一転タクシードライバーへ!新人教育にかける思いとは。

PROFILE
大橋さん。班長。横浜営業所所属。2017年中途入社。

他のドライバーとの交流が、
自然と増えました。

大橋さんはドライバーから班長になられたとのことですが、班長になったきっかけを教えてください!
入社してから1年間程ドライバーとして働いていたのですが、当時の班長にいきなり「班長をやるかハイヤーをやるか、どっちやりたい?」って聞かれたのがきっかけです(笑)。その時点でどちらかを選ぶことはできなかったので両方とも研修を受けてみて、基本的には班長として働きながら、人が足りないときはドライバーをしたりハイヤーに乗ったり、マルチに働いています(笑)。

実際に班長として働いてみて一番変化したことは?
他のドライバーさんとのコミュニケーションが増えた点ですかね。お互いに顔を覚えて、どんな仕事観なのか、プライベートをどんな風に過ごしているのかっていうところまで踏み込んで色々な話をするようになりました。そうすると、出勤前とかに仕事のことだけじゃなくてプライベートなことも含めて「相談に乗ってよ」みたいな感じで話をしてくださる方も増えました(笑)。

ちなみにどんな相談をされるんですか?
前職で小学校の先生をしていたので、お孫さんの勉強について相談されたり、「孫とどう接していいか分からないんだよね」と相談されたりすることが多いですね。「普段どんな感じで接しているんですか?」などを聞いて、お孫さんの気持ちを推察して「もしかしたらお孫さんはこういう風に思ってて、こうしてほしいのかもしれませんね」とアドバイスをすることもあります。

転職の決め手は
実は「勤務時間」!

小学校の先生をしていたとのことですが、転職のきっかけは何だったんですか?前職は勤務時間が長く仕事量も多かったので、過労で2回倒れてしまったんです。そのことをきっかけに妻から「決められた時間だけしっかり働けて、休みもちゃんと取れる仕事に転職した方がいいんじゃないか」と勧められて転職を決意しました。そして仕事を探していく中で、タクシー業界に行きつきました。

タクシー業界以外の道に進むことは考えていなかったんですか?
前職でパソコン関係の業務を受け持っていて、元々パソコンを触るのも好きだったのでシステムエンジニアやプログラマーになる道も考えていました。いろいろな会社の情報を集めて仕事内容などを妻に相談したら「結局同じような勤務時間になるんじゃない?」という話になって…(笑)。仕事内容は良かったんですけど、やっぱり体を壊してしまったら家族にも心配や迷惑をかけてしまうので、労働時間を第一条件に探していました。

タクシー会社の中国際自動車(kmタクシー)を選んだ決め手は?
営業所内の雰囲気が明らかに他社とは違ったんです。ドライバーさんと職員の方に壁がないので、本当にフランクに話ができる雰囲気の良さに惹かれkmタクシーに入社することを決めました。

不安を共有することで
一緒に成長していく。

営業所内の雰囲気がよく、コミュニケーションも活発とのことですが、新入社員との関わり方について注意している点などはありますか?
新入社員は初めてのことばかりなので、最初は出来る限り手厚くサポートしたいと思っています。私が班長になってから、新人ドライバーと班長が営業所近辺の病院・ホテル・小学校・中学校など、様々なマークポイントを社用車で一つひとつ回っていって、どこの道がどうつながっているかなどを覚えてもらう期間を3日間設けるようにしました。初勤務の前に社用車で班長と一緒に周辺を走って道などを覚える研修を3日間設けるなど、新人教育には力を入れています。

大橋さんが新人教育に力を入れる理由は?
ただただ我流で走ってもいいんですけど、それだけだと不安な部分がどうしても出てくると思うんですよ。例えばお客様さまから直接クレームがあってどういう風に対応すればよかったのか解決しないまま勤務を続けてしまったらいつか同じミスでクレームが入ってしまうかもしれないじゃないですか。そんな時に周りの同じ時期に入った新人さんと同じような不安とか疑問点を共有して、一緒に成長していく場があればいいなと思ったんです。そして研修を終えた新人さんが乗務に携わっていく中で、kmの新しいホスピタリティの形やお互いに支え合う風土も作れたらいいなと思っています。

小学校の先生ならではの発想なのかもしれないですね!最後に、大橋さんの今後の目標を教えてください!
10月に赤坂のホスピタリティカレッジへの出向が決まっているのですが、そこで横浜営業所の班長として何か伝えられたらなと考えています。あと、もし自分がコーチとして指導するのであれば何ができるのか意識しながら過ごしたいと思っています。そして最終的には本社や他の課に行って自分の力を試してみたいです!

応援しています!本日はありがとうございました!

一覧へ