国際自動車グループ kokusai motorcars km

km VOICE

社員紹介(タクシードライバー/ハイヤードライバー/バスドライバー/ほか)
一覧へ
2020.08.08

国際自動車(kmタクシー)の「回し役」。よりよい会社作りを目指す、タクシーグループ推進課の仕事に迫る。

PROFILE
真田さん。国際自動車株式会社タクシーグループ推進課所属。2007年入社。

各営業所の連携を図る。会社を回す、その極意とは。

まずは、これまでのご経歴についてお聞かせください。
2007年に入社してタクシードライバーとして勤めました。その後異動となり人材部研修課で働き2019年に現職であるタクシーグループ推進課に異動となりました。積極的な人事異動が試されている国際自動車(kmタクシー)ですから、能力を買われたということに誇りを持って、今の仕事に臨んでいます。

具体的にはどのようなお仕事をされていますか?
各営業所と連絡を取りながら、会社として進めていることがどれだけ浸透しているかを確認します。例えば、今では件のウイルスに関して、新しい生活様式に合わせたタクシーの利用方法の提案が求められています。実現に向かっている企画もある中、それをドライバーの方々へどのように浸透させていけるかが私たちタクシーグループ推進課の手にかかっています。

なるほど。会社の「回し役」ですね。
自分一人で作るというよりも、チームで仕事を作っていくという意識が大切ですね。

よりよい会社作りのために。キーワードは「ウォーキング」?

最近のお仕事で印象的だったお仕事はありますか?
タクシー会社である以上、お客さまに気持ちよく乗車していただくことが最も大切ですが、タクシードライバーが快適に働けることも意識しなければなりません。ドライバーも、お客さまもお互い快適に過ごすことができる環境を整備することが大切ですよね。そのために、タクシーグループ推進課は各営業所が抱えている課題点を解消したり、会社全体をよりよくするための企画を行ったりしています。その中で最近実践しているのが、タクシーアプリの浸透です。


これは、ウォーキングの歩数を記録するアプリのようですね。
個人的に、健康のために歩くということは、ドライバー時代から続けているルーティンです。朝早くから20km歩くこともありますよ。5~6時間かかりますね!ドライバーは運動不足になりがちですから、今国際自動車(kmタクシー)メンバーには、乗務社員にこのアプリのインストールを進めているんです。みんなの健康を管理することも大切ですからね。

導入を始めて効果はありましたか?
多くの乗務社員が使っています。誰がどれだけ歩いているのかランキングが出るのですが、上には上がいるという感じで。健康を意識することはもちろん、こういった取り組みを通して社内のコミュニケーションが活性化することも面白いですね。

導入を始めて効果はありましたか?
多くの乗務社員が使っています。誰がどれだけ歩いているのかランキングが出るのですが、上には上がいるという感じで。健康を意識することはもちろん、こういった取り組みを通して社内のコミュニケーションが活性化することも面白いですね。

名前を呼ばれると、それだけで仕事に張り合いが出る。

仕事における「こだわり」を教えてください。
必ず、「名前を呼ぶ」ということは意識していますね。「こんにちは」と言っても挨拶を返さない人っていますよね。でも、「○○さん、こんにちは」って言うとなんだか返さずにはいられなくなる。

名前を読んでから挨拶をするだけで、「あなたに話し掛けているんですよ」というメッセージが強く伝わるんです。これって、話し掛けられた側がどこか嬉しく感じるんですよね。先ほどのアプリの話と同様に、社内のコミュニケーションの円滑化こそが、私に求められていること。これまでタクシードライバーとして働いてきた経験があるからこそ、ドライバーが何を求めているかが分かりますから、これからもkmタクシーがよりより会社になるように努力を積み重ねていきたいと思うばかりです。

真田さん、貴重なお話をありがとうございました!

一覧へ