株式会社kmGオートアシスト
微酸性次亜塩素酸水”Haccpper(ハセッパー水)

弱酸性次亜塩素酸水
”Haccpper(ハセッパー水)”の特徴

1.瞬間消臭

飲食や服についたタバコの匂い、香水の残り香を消臭します。

2.高い殺菌力の更新

ノロウイルス、インフルエンザ、O157、大腸菌、サルモネラ菌などに高い除菌効果を発揮します。

3.高い安全性(原料は食品添加物)

界面活性剤や防腐剤の成分を一切含みません。

4.肌にやさしい

手荒れになりにくいpH5~6.5の微酸性を保っています。

kmHaccpper(ハセッパー水)は次亜塩素酸ナトリウムを水で希釈しただけの希釈液とは異なります。また、電気分解によって生成された電解水とも異なります。

kmHaccpper(ハセッパー水)は次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を水で希釈する二液混合方式により製造しており、使用時の塩素濃度50ppm・pH5~6.5の除菌水です。

次亜塩素酸水は、除菌力、抑制力に優れ、厚生労働省の「感染対策の基礎知識」でも、感染対策として紹介されている成分です。
次亜塩素酸水は安全性が高く食品衛生法により食品添加物として指定されています。

ハセッパーの製造方法は「希釈混合方式」ですが、他で見かける「電解方式」と何が違うのですか?
混合方式で作られたものは、次亜塩素酸ナトリウムを希塩酸と水で希釈混合して生成されたものです。混合方式のハセッパーは、一度に安定して生成でき、分解速度が遅いためある程度の保存がききます。大型の食品工場、医療機関や福祉介護施設、一般家庭などあらゆる生活シーンでの使用に適していると言えます。
電解水は、塩化ナトリウム水溶液や塩酸などを電気分解したものです。電解水は、次亜塩素酸水自体の分解速度が速いため、飲食店の厨房などに直接生成装置を置いて、使用する度に生成するのに適しています。

kmHaccpper(ハセッパー水) 製法・原料と液性について

〇製法:二液希釈混合方式
〇原料:次亜塩素酸ナトリウム・希塩酸

kmHaccpper(ハセッパー水)の安全性について

日本産業衛生学会における塩素ガスの許容濃度勧告値1ppm を基準にしております。
この基準に対して、kmHaccpper(ハセッパー水)は100分の1の0.01ppm以下の数値の運用ですので、人体に影響なくご使用いただけます。

kmHaccpper(ハセッパー水)の特許取得会社である「テクノマックス」では、動物安全性試験については下記のものが行われております。

ハセッパーの動物安全性試験結果報告(平成7年1月・財団法人食品農医薬品安全評価センター)
状態 試験項目 結果
誤って飲んだ場合は? 単回経口投与毒性試験(急性毒性試験) 異常は認められない
皮膚に触れたときに刺激があるか? 皮膚一次刺激性試験 刺激性無し
長時間皮膚と接触していても大丈夫? 皮膚一次刺激性試験 刺激性無し
目に入ったとき刺激があるか? 眼刺激試験 刺激性無し
アレルギー性の有無は? 感作性試験 感作性無し
生きている細胞に障害を与えないか? コロニー形成阻害試験(細胞毒性試験) 問題ない程度
発ガン性があるかどうか? 復帰突然変異試験(変異原性試験) 誘起する作用無し

除菌&消臭効果の高い
”Haccpper(ハセッパー水)”は様々なシーンで活用されています

スーパー・コンビニ

スーパー・コンビニ

作業台・器具・手、トレーの洗浄、店内の清掃に

飲食店

飲食店

手・食器・調理器具の洗浄シンクや排水溝の掃除や衛生に

食品メーカー

食品メーカー

手・器具・機械の洗浄やトレーの掃除や衛生に

医療介護施設

医療介護施設

給食用設備内の床や壁・浴槽・車いす・器具の洗浄に

車内の消臭

車内の消臭

kmタクシーでは全車で車内の消臭に安全性の高いHaccpper(ハセッパー水)を使用しています

総合お問い合わせフォーム

国際自動車総合お問合せページに移動します。

株式会社kmGオートアシスト

所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂2-8-6
TEL:03-3586-3620
資本金 1,000万円
代表者 取締役社長 松本 良一
設立 2020年10月1日
事業内容
  • 自動車の整備加工
  • 自動車及び自動車用品の売買
  • LPG・ガソリン等の石油製品類の売買
  • 衛生用品の製造販売